風の便りに… From China

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の紅樹林(海賓生態公園)

<<   作成日時 : 2008/07/27 07:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月26日(星期六)、午前中、南山に登って体を絞った後、久しぶりに午後から夏の紅樹林を訪ねてみた。
普段、クーラーの効いている仕事場にいると、この暑さは慣れない、とにかく暑い!
しかし、今日は帽子が飛ばされそうなくらい浜風が強いので、公園を散歩するには最適だ。

画像


公園の森の中はさすがに涼しい、自然のオアシスがいっぱい。
出迎えてくれた花?は、観葉植物のユッカの仲間で、Yucca gloriosaのようです。
日本名は、‘あつばきみがよらん’ (厚葉君が代蘭またはアメリカ君が代蘭)
アメリカ南部が原産で、夏に、白い壷形の花を集団で咲かせるのですが、
蕾が残っているので、未だ完全に咲ききっていないようです。

キミガヨランの名前をネットで調べると、学名の種小名「グロリオサ」の「栄光のある」という意味を、
「君が代は栄える」という風に解釈して名付けられたと書かれています。
名誉ある名前です、中国名は『风尾兰』

画像


今日もいろんな花を中心に撮るつもりで来ましたが黄色の花が目立ちます。
ラッパの形をした黄色の花は、夾竹桃科の花で、中国名:『黄蝉
日本名は、‘ひめありあけかずら’ (姫有明葛)

画像


同じキョウチクトウの仲間で、『黄花夾竹桃』も咲いています。

画像


お馴染みの‘プルメリア・ルブラ’、あまりにも可愛いので撮ってみました。
中国名は:『鶏蛋花』…鶏の卵の花である。外側が白で内側が黄色なので、そう呼ぶのだそうです。
なるほど、納得!

画像


この花は‘オオハマボウ’かな?日本でも見たことがあるような…
ネットで調べると、「オオハマボウは、種子島や屋久島から南西諸島に生える…」と書かれています。
中国名:『黄葵』、あまり群生して咲かないようです、大木にポツポツと咲いています。

画像


自然の芸術、虫食いの葉っぱを撮って見ました。
昆虫がたくさん生息しているようで、自然が残っている証拠かな。

画像


広場では、この暑さにも係わらず‘凧揚げ’をしています。
これは二人ペアで競っているのか?あまり見たことがない凧ですが…

画像


帰りはアパートまで歩いて戻りましたが、さすがに疲れた…

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の紅樹林(海賓生態公園) 風の便りに… From China/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる