風の便りに… From China

アクセスカウンタ

zoom RSS ライオンロック(香港)に登る

<<   作成日時 : 2008/11/16 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

11月15日(星期六)、香港にもいろんな山があるが、“ライオンロック”とは響きのいい名前である。
ネットには、“香港の顔”と云えば“ビクトリアピ-ク”、しかしこれは観光客向けの「顔」、ハイカ−にとっての香港の「」は“ライオンロック
そんな情報が載っているので興味津々…

画像


深圳湾口岸から香港に入国、B2のバスに乗り、最初のバス停で降りる。
ここから先はMTRの乗り継ぎ‘天水園’→‘美孚’→‘太子’→‘黄大仙駅’で下車。

画像


ネットからの情報では、‘黄大仙駅’の目の前に大きな寺があり、その後ろにライオンロックの雄姿が…
間違って反対方向に出た、ぐるっと一周すると確かにある!ネットで見たとおりの山だ!ちょっと感激!!
高層ビルに囲まれた‘寺院’がありその後ろに、“遠くから眺めるとまるで横たわる獅子のように見える”そのとおりだ。
とりあえず寺に寄ってみることにした。

画像


有名な寺なのか、たくさんの人で賑わっている。
後で調べると“香港で最も願い事の叶う、占いが一番よく当る寺院”!?しまった、願い事をするのを忘れた。
もともと中国本土にあった寺で、宗教を禁止されたのでここに引っ越した!”…何教だ?

画像


寺を一回りして登山口を探すことにした、後ろに回ると寺の全景が確認できる。

画像


画像


しかし、登山口はどこにあるのだ…?山が見えているのに登山口が無い!
道を尋ねると‘我不知道’と返事、尋ねる相手が悪かったか、11時には登山開始したいが…
ネットでは、“黄大仙寺院の裏がライオンロック公園、そこからハイキングコースへの上り口があります”??
そもそも寺院の裏は、高層アパートだが…? とりあえず方向だけ決めて進むことにした。
……こんなに苦労するとは思わなかった。
坂道の道路をショートカットする石段があったので、登っていくと森林の中へ…細い道だが尾根に向かっている感じだ。
これは登山道のような…ところどころマーキングのテープがぶら下がっている。
偶然にも登山道を発見したかな?とりあえずこのまま突き進むことにした。
森林を抜けると、ライオンロックの雄姿を確認できるポイントに到着。

画像


適度に難所もあって楽しいルートだ、最近は石段ルートしか登っていないので、こんな山道は久しぶり、日本の山以来かな。
しかし誰も登っていない!?‘ハイキングコース’にしてはブッシュが多いし難所があったり、ちょっと厳しいルート。

画像


登山道に白い花が咲いているが?お茶にしては大きすぎる?白い椿?なんか葉っぱが違うような…
後で調べることにした。

画像


11:45分、ようやく尾根に出た!実にいい眺めだ!!山に囲まれた香港の高層ビルの街並みが。
そして登ってきたルートもよく確認できる。

画像


なにやらカンバンがある、やっぱり!とてもハイキンングコースでないと思ったが、
私にとっては楽しいルートだったが、断崖危険ルートだった。

画像


12:10分、‘ライオンロック’山頂に到着!

画像


山頂からは360度香港の街並みを楽しむことができる。
今日は天気はいいのだが少し視界不良、山頂からの眺めはまあまあの感じ、もう少しスッキリすればいいのだが…
<南側>

画像


<北側>

画像


暫く眺めを楽しんだ後下山することにしたが、登ってきたルートを下りるのも面白くないし、別ルートは?
沙田’に下りるルートがあったので思いきって下りて見ることにした。

画像


下りていくと左右に分岐があり、右側(沙田)を選択、さらに進むと左右の分岐に到着。
左ル−トは北へ、右ルートは登ってきた南側なので右ルートを選択。

画像


方向は登ってきた南側だが、これがハイキングルートかな?整備されていてハイキングコースのような感じだが…

画像


道路に下りてきたが、何の標識も無い?

画像


道なりに下りて行くと、‘南無阿弥陀仏’と書かれた寺に到着。

画像


更に下りて行くと朝の‘寺院’に到着、無事下山完了。

画像


登山口を探すのに苦労したが、登ってみれば面白いルートだった。
香港にはまだまだ楽しい山がありそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おー、私が近い将来の目標にしている山なので一気に読ませていただきました。
ワーニングのある径、ザイルは設置してあったのでしょうか。興味深いです。
私は登山技術の心得がないので進めるかどうかわかりませんが。

昨日私は梧桐山の碧桐道から正面に見える香港の八仙嶺へ行ってきました。身体に異常が来て大変でしたが・・
ところで深センと香港の山のブログを始めました。よろしければのぞいてやってください。
http://sceneway.blog80.fc2.com/
Sceneway
2008/11/17 12:37
Sceneway様、
いつも書き込みありがとうございます。
ザイルは設置されていましたが、
それほど傾斜がきつくなかったので、ザイルを頼りにするほどでもなかったです。
下山するはちょっと要注意ですが。

新しくブログを始められたようで、参考にさせてもらいます。
八仙嶺は初めて聞く名前です。
シンセンの風
2008/11/18 08:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
ライオンロック(香港)に登る 風の便りに… From China/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる