風の便りに… From China

アクセスカウンタ

zoom RSS 新春のカトラ谷を登る

<<   作成日時 : 2009/02/01 00:02   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

1月27日(火)、春節、日本休暇中、久しぶりに日本の行きつけの山・金剛山に登ることにした。
電車、バスを乗り継いで、カトラ登山口に到着したのは9:30分頃、
今日は金剛山ルートの中でも一番好きなコース、カトラ谷を登ることに。

画像


予報は晴れマーク、朝の気温は低いけれどいい天気になりそう。
平日とあって流石に登山口には誰もいないが、早朝登られた方がいるようだ、新雪の上に足跡が残っている。
登り始めると直ぐに小滝が見える、ツララが溶けずに残っていて冬の谷の雰囲気である。

画像


画像


植林の中から登山道を照らす朝日が眩しい。

画像


冬の谷は足元だけ注意していれば、広々として登りやすい。
夏は草木が茂ってきて圧迫感を感じるがその点、冬は開放感がある、冬の沢歩きも面白いものである。
谷にはところどころに氷の芸術ができている。

画像


昨夜は少し降ったようだ。
登山道は氷の上に少し雪が積もってアイゼン無しで登れるが、ここはちょっとした難所、足を滑らさないように。

画像


あれ!どっちを登るのだった?真っ直ぐ?左かな?
しばらく登っていないと忘れたような‥‥踏み跡が左方向についているので、ここは左だったかな。

画像


水飲み場に到着、久しぶりに金剛山の水を頂く、冷たい!

画像


真っ白なお花畑、ニリンソウが咲く頃が懐かしい。

画像


10:30分、久しぶりに国見城跡山頂に到着、流石に人は少ない。

画像


売店前には今年も立派なカマクラが完成、記念に一枚を撮ってもらった。

画像


山頂周辺に少し樹氷が残っている、青い空に桜が咲いたような感じだ。

画像


デジタルの温度計は−3℃を表示、流石に動いていないと寒い。

画像


転法輪寺≠ノ参拝を済ませて山頂周辺を散策、とりあえず展望台の方まで歩いてみることにした。
樹齢何千年?見事な夫婦杉♂コから見上げると迫力が伝わってくる。

画像


金剛山に登ると必ず寄るところがある、それがこの場所、葛城山が見えるポイント。
周辺に樹氷があると冬の葛城山が映えてくるのだが‥

画像


久しぶりに展望台からの眺め、大峰山系は霞んでいるが岩湧山&面はよく確認できる。

画像


湧出岳&t近に少し樹氷が付いているが、昼頃には融けて無くなりそうだ。

画像


それにしても今日はいい天気、雲が流れるのが早い。

画像


香楠荘で昼食をとった後、下山は千早本道を下りることにした。
途中で耐寒登山かな、中学校の団体と出会う、コンニチハ、コンニチハ…こちらもコンニチハ…
挨拶も格好も初々しい。

画像


千早本道≠ノあったお地蔵様、
「人間の一生」…読むとなかなかいい言葉だ、素直に人生を表現している。
永遠に続く喜びもないかわり、永遠に続く悲しみもない
色んな感情が生れては消え、生れては消え、一生続いていく
それが人間の一生、それが生きているということ

画像


久しぶりに登った冬の金剛山、樹氷も見れて少し冬山を満喫した感じで帰ってきた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
暖かいシンセンに戻られたのですね。
葛城山では、どうもありがとうございました。楽しかったですね。雪がなく残念でしたが、金剛山では樹氷が楽しめてよかったですね。さすが、風さん、写真が素晴らしいです。葛城山の写真も落ち葉が素敵です。
また、秋にオフ会でお会いしましょう。
RIKO
2009/02/04 21:33
RIKOさん、どうもです。
やはりこちらは暖かいです。
もう春です!桜が咲きそうな感じです。
こちらこそオフ会はお世話になりました。
秋に元気な姿で皆さんに一緒に登りましょう。
シンセンの風
2009/02/05 00:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
新春のカトラ谷を登る 風の便りに… From China/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる