風の便りに… From China

アクセスカウンタ

zoom RSS 熱帯の落葉樹…秋の雰囲気

<<   作成日時 : 2009/05/24 17:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

5月24日(星期天)、昨日朝から降り始めた雨は今日になっても止まず。
時折、雷雨ともに激しいスコール、広東地方は本格的に雨季に突入したのかも。

画像


中国の気候区分では、広東地方は「亜熱帯海洋性気候」に属すると書かれている。

そもそも「亜熱帯」とは…?
小学校?いや中学だったか?習ったような気もするが…
ネットで調べると…「熱帯と温帯の中間、緯度的には20〜30度の間」と書かれている。
日本では、鹿児島県奄美列島以南、沖縄県全域、東京都小笠原諸島が属する。
シンセンは香港とほぼ同位置なので、緯度的には‘北緯22度’くらいとなる。

海洋性気候」…とは?
海に面している地域は、「年間を通して寒暖の差が少ない、一日の気温差が少ない」と言うことなのか。
広東省は、南シナ海に面していて暖流が流れているので、 日本の太平洋側と同じような気候、夏に雨が多く冬は少ない。
年間降雨量は日本の1.4倍と言うから、雨が多い地域となっている。
しかし、今年は今まで雨が少なかった、それがやっと降り出したようだ…

画像


今日はいつもの南山登山は諦めて、傘を差して街中を散歩してみた。
季節外れの紅葉ではなく、熱帯にも‘落葉樹’があるようだ。

一般に、秋の寒い季節に葉を落として、葉っぱの洋服を脱いでしまう木のことを「落葉樹」、
春には新芽が出て、新しい洋服に着替える。

では、熱帯地方の落葉樹はどうなるのか?
熱帯落葉樹は気温の変動ではなく、降雨量の変動に適応しているとも言われている。
雨の降らない乾季には水分を保持し枯死を防ぐために葉を落とす。
古くなった洋服を脱ぎながら、新しい洋服に着替えるようだ。

画像


今、落葉していると言うことは、着替え中に雨季が訪れたのか…?
それとも熱帯の落葉樹にもいろいろ種類があるのか?




植物の耐寒戦略?寒極の森林から熱帯雨林まで
北海道大学図書刊行会
酒井 昭

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
安くてスミマセン
...続きを見る
日本のお茶
2009/07/10 19:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
熱帯の落葉樹…秋の雰囲気 風の便りに… From China/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる