風の便りに… From China

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界遺産 湖南省・張家界(武陵源)への旅−武陵源の渓谷

<<   作成日時 : 2009/06/03 07:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

5月30日(星期六)、旅行も今日で終わり、最終日になった。
天気は昨日と同じような曇り空、今の季節はこんな天気なのかも。
すっかり馴染みになった専属タクシーが迎えに来てくれたのは8:30分。

画像


今日は「天子山」に行くと告げてあったので、昨日下りた場所から更に奥地に入った。
市内から40Kほど入ったところで下ろされたが、目の前に「武陵源」と書かれた九重の建物が異彩を放つ。
120元払って、‘帰る頃には電話するから必ず迎えに来て’と運転手に告げて出発。
やはり門のところで‘諮問認証’ 当たり前だが一致したので入場OK!

武陵源の建物を出ると直ぐにシャトルバスがあり、ここからはバスで移動となる。
張家界景区の地図を見ていると「金鞭渓」と書かれたハイキングコースがあり、昨日の黄石寨の登山口辺りまで繋がっているようだ。
今日の前半は下から奇峰を眺める金鞭渓をハイキングすることにした。

画像


シャトルバスに乗っていると、二つ目の停車に‘張家界’と聞こえたので下りる。
昨日は登山で上から眺めたが、下から見る奇岩、奇峰とはどんな感じだろう。

画像


石柱が崩れずに積み木のようになっている。

画像


金鞭渓のこのコースは約6Kで、自然を生かした渓谷沿いに造られており、森林浴にピッタリのコース。

画像


咲き始めの可愛い花を見つけた、一瞬、‘クリンソウ’かなと思ったが、違うような…

画像


土産物店もあり、写真を撮りながらのんびりと歩くには本当にいいルート。

画像


見上げると天を突くような奇峰の迫力、下から見上げても凄い世界だ!

画像


川魚もたくさん泳いでいて皆さん見とれている。

画像


この岩は「双亀岩」、なるほど名前のとおり。

画像


これは‘ツリブネソウ’と思うのだが、白色は珍しい。

画像


野猿出没注意」のカンバンのところで本当に猿が現れた!

画像


奇岩と渓谷と森林の世界が続く。

画像


画像


西遊記」が録画された場所のようだ。

画像


間近に迫る奇峰の石柱、摩天楼のように天に向かっている。

画像


画像


日が差し始め、いい天気になってきた。

画像


奇岩、崩れないのが不思議。

画像


迫力ある張家界・金鞭渓の大木。

画像


賑やかな場所に到着した、ハイキングコースも終了間近。

画像


秋の雰囲気の張家界奇峰。

画像


見覚えのあるところに出たと思ったら、昨日の黄石寨の入り口、ようやく辿り着いたようだ。
ゆっくり時間をかけて歩いたので2時間くらいかかっている。

画像


少し休憩して、元の金鞭渓の入り口まで戻ることにした。

途中、川魚を‘焼いていた’ではなく、‘揚げていた’ので思わず買ってしまった。
日本なら鮎の塩焼きとなるが、こちらは高温で揚げるから、‘川魚の唐揚げ’といったところか。

画像


2:00時頃、シャトルバスを下りた金鞭渓の入り口に到着。

画像


画像


いよいよ最後の目的地、「天子山」に行くことにする。
続く…


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
湖南省 世界遺産
▲中国ホーペイ “湖南省天門山産” 60&#12316;64mm(1ペア)商品価格:4,770円レビュー平均:0.0 魅力の中国・湖南省 NO.2 - フロンティアエイジ情報 - Yahoo!ブログニューシニアが読む新聞「フロンティアエイジ」。近畿2府4県で、毎月第1水曜日に90万部発行をしています。 (シニア 旅行 団塊の世代)(続きを読む) 世界遺産 湖南省・張家界(武陵源)への旅−武陵源の渓谷 風の便りに ...5月30日(星期六)、旅行も今日で終わり、最終日になった。天気は昨日と同じ... ...続きを見る
最新youtube動画ニュースMAX
2009/07/01 17:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界遺産 湖南省・張家界(武陵源)への旅−武陵源の渓谷 風の便りに… From China/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる