風の便りに… From China

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界遺産 湖南省・張家界(武陵源)への旅−旅を終えて

<<   作成日時 : 2009/06/06 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

印象に残ったことを書いてみた。
今回の旅行、初日は小雨だったものの、全体的には好い天気に恵まれた感じ。
少し残念だったのは「天門洞」を間近で見なかった事が心残り。

画像


初日の夕方だった、雨が上がって少し晴れ間が見えた頃に雲が動き出した。
空気がクリアーだ!このまま雲が無くなれば…
暫く待ったが…残念! もう少しで天門山全体がすっきり確認できたのだが…

画像


二日めの朝はガスがかかっていてスッキリせず。
3日目の朝になると最悪、ほとんど見えない。

画像


天門洞」が確認できたのは、帰る日の夕刻7:00時頃。
タクシーの運転手に言われて気がついた。
確かに天門山にぽっかり穴の開いたトンネルは天門洞…う〜ん、しかしモノトーンの世界だ

画像


画像


3日間送り迎えを依頼して、タクシーの運転手とはすっかり仲良しになった。
張家界の美味しい料理を一緒に食べることになり、二日目の夜に‘一起吃飯’
案内されたお店の名前は「黒竹?」

画像


辛い湖南料理かと思ったら、お勧めの料理は‘土家鍋’?? 意外と辛くない。
スープの味は絶品!この鍋に色んな野菜、鶏肉等を入れて頂く、最後に面を入れて完成。
HOTELで一人寂しく食べるよりも、楽しい夕食だった。

画像


3日目の帰る夜も一緒に夕食となり、案内されたお店は昨日と同じ「黒竹?」。
注文した料理は同じ鍋で、味付けは昨日よりも辛め。
鍋に入れる食材も変えて美味しく頂いた。

画像


これは地元で有名な‘土家鍋’だったのだろうか…
それとも単に、運転手が好きだったのだろうか…?よく判らない。

4月に行った武夷山は、岩山とその下を流れる川の配置が素晴らしく、自然の造形美が素晴らしかった!
今回の張家界(武陵源)は、奇岩、奇峰が織り成す幻想的な世界、スケールの大きさに驚かされた。
同じ世界遺産でも全く違う世界である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いい運転手さんとめぐり合えたのは良かったですネ。
これでは一人旅でも安心ですよね。
奈良の爺々
2009/06/11 21:12
爺様、どうもです。
旅は楽しいですね!
中国の古い建物とか、味わったことがない料理とかに出会うと、来て良かったといつも感じます。
日本でも同じですが、犯罪に遭う確立は都会の方が多いです。
地方の方がのんびりしていて親しみを感じます。
しかし暫く連休がない…
シンセンの風
2009/06/12 08:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界遺産 湖南省・張家界(武陵源)への旅−旅を終えて 風の便りに… From China/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる