風の便りに… From China

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009' 真夏の梧桐山へ

<<   作成日時 : 2009/08/02 17:38   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

8月1日(星期六)、今週は、連日ゲリラ豪雨で朝の散歩もままならぬ日が多かったが、今日は久しぶりに青空だ!
こんな日はザックを担いでどこかに出かけよう。

画像


登る山は深圳の最高峰‘梧桐山’、登るルートは‘碧桐登山道’と決めた。
海岸城’の前から‘J1’のバスに乗ったのは7:20分頃。
目的地の‘沙頭角’のバス停で降りたのは8:10分。

碧桐登山道で梧桐山に登るのは今年の3月に登って以来2回目。
このルートは見晴らしが良いので好きなルートだが、今日は暑さとの戦い、かなり厳しい登山になりそうだ。
8:30分、登山口でペットボトル2本の水を補給して登山開始。

20分ほど登ると正面に梧桐山が見えてきた、山頂がすっきり見えているが遙か向こうといった感じ。
振り返ると、塩田の街、‘空母ミンスク’その向こうは香港の山々、今日は実にいい眺めだ。

画像


登山道で出迎えてくれるのは‘野牡丹’の花、朝露に濡れた花びらが朝日に輝いている。
この花は、春から夏にかけて本当に長い間よく咲いている。

画像


スタート地点が海抜77M、40分ほど登ってようやく300Mを超えた。

画像


噴き出す汗を拭きながら適度に水を補給して登っていくが、山頂は遠い。
果てしなく石段が続くといった感じ。

画像


ひたすら石段を登る…ようやく‘ミンスク’が小さく見えるところまで登ってきた。

画像


この石段を登りきれば、塩田ルートとの分岐に到着だが、斜度がきつく一歩、一歩が重い!
少し登っては休憩、その繰り返し、なかなか前に進まず。

画像


11:00時、塩田ルートとの分岐に到着、ここまでくれば山頂まではゆっくりした登り。
足の裏が痙攣気味なので少しベンチで休憩。

画像


ようやく山頂付近まで登ってきた、ルートを振り返るが、段々と視界が悪くなってきた感じ。
香港側も霞んでいてはっきり見えない。

画像


いよいよ最後の石段、もう少しで山頂だ! … 11:30分、山頂の尾根に到着。

…しかし、到着すると同時に両足が破たん、足が痙攣してきた…

画像


夏の登山ではよくあること、短時間に身体中の水分と塩分を失ったので、水分補給が間に合っていない。
1ℓの特製ポカリと、ペットボトル2本飲みほしたのだが…足が回復するまで暫く休憩。
20分ほど横になっていると回復してきたので、着替えと軽食を済ませて山頂散策、流石に人は少ない。

画像


どこから下山するか迷ったが、負担の掛からない平坦な舗装道路を歩いて‘小梧桐山’に向かうことにした。

画像


好汊坡の駐車場に下りてきたが流石にこの暑い時期はひっそりしている。
車が一台も停まっていない、春と秋は賑やかだったが。
とりあえず売店でペットボトル3本ほど補給、売店があるので助かる。

画像


画像


2:00時過ぎ、小梧桐山に到着、「凌雲道」で「長嶺」に下りてJ1のバスで戻ることにした。

画像


凌雲道もこの時間帯になると登る人は少ない、数組のグループがちらほら。

画像


画像


最大斜度70度の石段をかなり慎重になりながら下りていく。

画像


時刻は3:26分、ようやく下山してきた。
やれやれといった感じ、流石に夏の梧桐山登山は応える。

画像


真夏の碧桐登山道からの梧桐山は想像以上に厳しかった。
やはりこのルートは、見晴らしがいい分、背後から直射日光にさらされるので、暑さも倍といった感じ。

※中国・深圳に来てから丁度2年が過ぎた。
生活には十分慣れたので、中国にいる間に、いろんなところを旅をして足跡を残しておきたい。
56の多民族が住む中国、その大地は壮大にして想像を絶するような自然と伝統の歴史が残っている。
記憶、記録に残る旅をして想い出を作りたいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 ご無沙汰しています。
日本も今年はゲリラ豪雨が多かったです。
その代わり台風の発生が少ないです。
やっと梅雨明けする感じです。長かったです。

 相変わらず風さんの写真には癒されますヮ。
体力に限界を感じる今日この頃ですが
風さんはまだまだお若いのですから
益々頑張ってこの暑さを乗り切ってくださいね。
ヨッピー
2009/08/02 20:42
ヨッピーさん、
ご無沙汰しています。
こちらも暑いの一言です。
お陰さまで2年が過ぎました、
来年帰国できるかな…
最近は日本の山が恋しくなっております。
白山とか北アルプスに登りた〜い。
それではまた。
シンセンの風
2009/08/03 08:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009' 真夏の梧桐山へ 風の便りに… From China/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる