風の便りに… From China

アクセスカウンタ

zoom RSS ススキが似合う季節になった梧桐山

<<   作成日時 : 2009/10/18 18:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10月17日(星期六)、10月も半ばに入りようやく天気も安定してきた感じ。
今日も梧桐山に遠征、山頂はススキが似合う季節になった。

画像


ここ数日は気温も幾分下がり朝夕が涼しい、ようやく真夏の雰囲気を脱した感がある。
今日は‘碧桐登山道’で大梧桐山に登ることにした。
このルートは真夏の8月1日に登り、山頂に到着した時は軽い熱中症にかかり悲惨な目にあったが、今日の気温なら大丈夫だろう。
沙頭角海関」のバス停を降りたのは9:00時頃、足早に登山口に向かう。

9:15分頃、‘碧桐登山道’の登山口に到着、水を調達して早速登り始める。

画像


20分程歩くと正面に梧桐山が見えてきた、まだまだ遙か彼方といった感じ。

画像


雲一つない天気、青空に映える大梧桐山、この辺から眺めるのがどっしりとしていて一番いい感じ。

画像


左側には小梧桐山もくっきり、電波塔もはっきりと確認できる。

画像


今日はいい天気だ、秋の日差しを浴びながら登山道を歩いていても気持ちがいい。

画像


11:22分、分岐に到着、山頂手前まで登ってきた、ここまでくればもう少し。
今日は足取りも軽くまだまだ余裕がある感じ。

画像


下界は視界不良、ガスっていてほとんど見えず。

画像


ミンスク’も微かに確認できる感じ。

画像


山頂手前、風が吹くと涼しい!二ヵ月前とはずいぶん違う、ススキも風に靡いて初秋の雰囲気だ。

画像


画像


12:00時前に山頂に到着、8月頃は人も少なかったが、流石にこの時季になると凄い人だ。

画像


ススキの向こうには小梧桐山、下山は‘凌雲道’を下りることにした。

画像


少し休憩して、登ってくる人をかき分けながら下山、鳳凰台付近から撮った梧桐山。

画像


小梧桐山に戻ってきたが、視界不良そのもの、香港側もほとんど見えない。

画像


画像


凌雲道’に咲いているのは‘センダングサ’の仲間のようだ、梧桐山センダングサとでも命名したいところだが…

画像


石段を慎重に下りながら途中から撮った小梧桐山、斜度の厳しい石段がよく見える。

画像


3:15分、下山完了、「長嶺」のバス停に到着。

画像


シンセンもいい季節になった。
これから短い秋が来て、すぐに冬がやってくるだろう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ススキが似合う季節になった梧桐山 風の便りに… From China/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる