風の便りに… From China

アクセスカウンタ

zoom RSS 杭州西湖風景区を訪れる

<<   作成日時 : 2010/01/04 09:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1月1日(元旦)、2010年の夜が明けた。
昨日から四連休になったので元旦から杭州に小旅行。
訪れたのは暫定遺産の『西湖風景区

画像


杭州はその昔、マルコポーロが地上の楽園と称えたところとされている。
上有天堂下有蘇杭』…“天に極楽有り、地に蘇州、杭州有り”と言われるほどの景勝地、
一度は訪れたいと思っていたが、今回の正月休みを利用して冬の西湖を撮りに出かけて見た。

深セン・宝安空港8:55分発の早朝便なので、ザックを担いでアパートを出たのは7:00時頃。
タクシーを捕まえて空港に向かう。
杭州は上海の少し下(南)、緯度的には九州辺りになる、寒さを予期して冬装備で向かうことに。
9:00時前に飛び立った南方空港3569便、予定どおり10:40分頃に杭州蕭山国際空港に到着。
深センより寒くは感じるが想像していたほどの寒さではない。
とりあえず市内行きの20元のチケットを購入してリムジンバスに乗り込む。
渋滞があったので1時間ほどかけて終点の「武林門(民航售票処)」に到着、時刻は12:00時頃。
深センから3時間ほどで来れるから意外と近い。
ここから先は持ってきた地図とコンパスを使い、歩いて西湖と宿泊先のHOTELに向かうことに。
地図を確かめながら20分くらい歩くと「西湖景区」の案内板が見えてきた。
予想より早めに到着した感じだ。

画像


天気は曇り空で空気に透明感が無い、街路樹も枯葉になり往来の人々も冬の身支度。
流石に真冬の雰囲気が漂っている。
杭州のシンボル西湖は一周、約15K、名前は、絶世の美女‘西施’にちなんで名付けられたという。
その景観の美しさから、いつ、どこを撮ってもみごとな一枚の絵になると言われているから、
時の流れの中で様々な表情を変える西湖を堪能したい。

画像


湖岸に辿り着くと遊覧船も出航している、予想よりかなり大きな湖に感じる。

画像


腹が減っては…’とりあえず昼食にすることにした、ぶらぶら歩いていると‘味千ラーメン’を発見!
こんな寒い日は暖かいラーメンに限る。
しかし深センで馴染みの深い‘味千ラーメン’が西湖にもあるとは…!

画像


宿泊先のHOTELを探しながら、再び湖畔を散歩。
観光地なので人が多いのは仕方ないが、空気が淀んでいるのか?遠くが見えないのはちょっと残念。

画像


会社で予約してもらったサニー ハンシャ ホテル(杭州香溢浣纱宾馆)に2:00時前に到着。
西湖にも近く部屋はきれいだし、設備も揃っているので泊まるだけなら問題なし、いいHOTELだ。
後で周辺を散策したが近くにカルフールがあるので買い出しにも便利だった。

画像


チェックインを済ませた後は、再び湖畔を散策することにした。
西湖周辺はよく整備されている、公園になっており至る所にいろんな建物が建っている。

画像


画像


柳の木が多い、西湖と柳、よく似合っている感じだが、しかしモノトーンの世界だ。

画像


日本の‘屋形船’のような感じ、これに乗って遊覧するのも有りかな。

画像


ぶらぶら歩いていると西湖十景の一つ『柳浪聞鶯』に到着した。
風に揺られる柳の散歩道で鶯の鳴き声を聞く’情緒豊かな場所とされている。
なんとなく雰囲気が漂ってくる。

画像


柳の向こうに見えるのは西湖十景の一つ『雷峰夕照の雷峰塔』のようだ。

画像


湖畔の建物にも明りが灯り出し夕暮れ時になってきた。

画像


今日はそろそろHOTELに引き上げて、明日はゆっくりと西湖を一周することにした。
良い天気なればいいのだが…

明日に続く…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
杭州西湖風景区を訪れる 風の便りに… From China/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる