風の便りに… From China

アクセスカウンタ

zoom RSS 雲南への旅−麗江古城を散策

<<   作成日時 : 2010/02/22 04:44   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2月18日(星期四)、昨日の夜に麗江(LiJiang)に到着。
早速、世界遺産の「麗江古城」を散策することにした。

画像


麗江は、昆明空港からは近い、40分ほどで到着、飛び立ったらすぐに降りる感じ。
予約してもらったHOTELは、「麗江阿丹閣ホテル(阿丹閣大酒店)」
麗江古城区の外れにあるが、表通りに面しているので交通の便は良い。
以前から訪れたかった憧れの麗江には、ナシ族の聖なる山、海抜5596Mの “玉龍雪山”がある。
すっきりと晴れて欲しいが、果たして今日は見れるだろうか…
8:00時頃、朝陽が差し込む、今日はいい天気だ。

画像


HOTELを出た瞬間に寒いと言うか空気が冷たい!流石に防寒具に包まないと身が持たない。
麗江の標高は2400m、昆明より更に高地になるので気温が低いのは当然。
タクシーを拾って「麗江古城」に到着、HOTELからは6,7分、歩いてでも行ける距離だ。
麗江古城と言っても古い城が在るのではなくて、(どこかにあるのかな…)
ナシ族独特の木造建築の町並みが残る旧市街地がメインになっている。
OLD TOWNの意味のようだ。

画像


玉河広場」への表玄関にあるのは、ナシ族の文化を表した壁画がカンバン代わりになる。

画像


う〜ん、素晴らしい、何処を撮っても絵になる風景!
深センの都会の雰囲気に比べたら、全く違う世界に来た感じ。

画像


画像


たくさんのトンバ文字で書かれた絵馬?何故、吊り下げられているのかは解らない…

画像


画像


朝の静寂の中を散歩。

画像


画像


麗江古城は、1997年に、街(ナシ族の集落)全体が世界文化遺産として登録されている。
街中に入り込むと、800年の歴史を持っているので、タイムスリップしたような感覚に陥る。

画像


画像


正月の飾りが冬の青空に映えている。

画像


振り向くと、朝陽に照らされた提灯が灯った雰囲気だ。

画像


土産物店も店を開け始めた。

画像


元の「玉河広場」戻ってきたら、徐々に人が増えてきている。
麗江は、中国人にとっても憧れの観光地のようだ、春節なので旅行に来る人も多い。

画像


天気がいいので予定を変更して、玉泉公園(黒龍譚公園)に行くことにした。

「玉泉公園と万古楼」に続く…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雲南への旅−麗江古城を散策 風の便りに… From China/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる