風の便りに… From China

アクセスカウンタ

zoom RSS ラマ島(南Y島)に渡る−ハイキングルートを散策

<<   作成日時 : 2010/04/06 06:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

4月4日(星期天)、昨日から『清明節』と重なって3連休。
今日は香港在住のS氏に案内をお願いして、‘南Y島(ラマ島)’の散策に行くことにした。

画像


1:30分にMTR西線の「紅磡(ホンハム)」駅に集合になったので、少し早めにアパートを出る。
やはり「清明節」なので「深圳湾口岸」のイミグレも混雑だ。
香港側に出る人、中国側に入ってくる人、どちらも大変な人出。
「ホンハム駅」でS氏と合流したので、ここから先はS氏に案内をお任せ。
‘8番’乗り場から2階建てバスに乗り、「ホンハム埠頭」へ5分ほどで到着。
「ホンハム埠頭」からは有名なスタ−フェリーで「セントラル埠頭」へ。

画像


ビクトリアハーバーを往復するスターフェリー、あっという間の7分程で「セントラル埠頭」に到着。
それにしてもガスっている、靄に包まれる香港と言った感じ。
フェリーターミナルからはいろんな方面にフェリーが発着している。
C番乗り場が‘南Y島(ラマ島)’のようだ、2:30分発のフェリーに乗り込む。

画像


久しぶりに船に揺れながら時間にして30分程乗っていただろうか、香港島を半週してラマ島北側の榕樹湾に到着。

画像


ここから先はラマ島ハイキングの開始。
しかし今日は凄い人、流れに任せて進むしかない。
南Y島”…Yの意味はアルファベットのYと思っていたら、れっきとした漢字だった!
北京語では「女の子」という意味だそうだが、香港は広東語なので別の意味があるのかも…

画像


暫くは民家(商店街)の間を抜けていく。
昔は小さな漁村だったと思うが、今は観光客が押し寄せて土産物店も増えて村の様子も変わってきたのだろう。
立ち寄ったのは海の守り神‘天后古廟’…何となくそれらしい雰囲気が漂ってくる。

画像


暫く民家が続くが、島の環境が静かなので、都会の喧騒から逃れて意外と欧米人も住んでいたりするようだ。

画像


???…“悪犬神社”!
変な名前?変ってる!!…どういう意味だろう…

画像


道端に咲いているのは‘風鈴扶桑花’、風に揺られて早くも夏の雰囲気。

画像


風力発電があると言うので寄ってみた、少し坂を登っていくと…ここも凄い見物客。

画像


今日は風が強いので、発電量も多めなのか?

画像


近くの丘から眺めるとかなりの高さがある感じ。

画像


暫く道なりに歩くと砂浜(遊泳場)に到着、流石に今の時季に泳ぐ人はいないようだ。

画像


ルートは村の中から自然の中のハイキングルートへと変化、それにしてもたくさんの人とすれ違う。
清明節』は、先祖の墓参りをする日で、日本の春分の日に当たるが、
古来より、春を迎え、家族で郊外を散策に行く習慣もあるらしい。
香港は、イースターマンデー、清明祭、振替休日も重なって五連休になっている。
今日は比較的天気もいいのでハンキング日和、家族連れが多い。

画像


右側に海岸線を見ながら散策、遠くは霞んでいて確認できないが、それなりに楽しめる。

画像


画像


所々にある案内板、これだけ人が多いと迷うこともないが…

画像


ようやく見えてきたのは索罟湾、ハイキングもようやく終わりに近づいてきた。

画像


“海鮮”に続く…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
南Y島に行かれたのですね。
風鈴扶桑花、なかなか見ることができませんでしたが、ここにあったのか・
ところでFC2ブログ、アク禁のようなのでso-netにもアップしています。また見てくださいね。
http://sceneway.blog.so-net.ne.jp
Sceneway
2010/04/06 12:32
Sceneway様
どうもです。
シンセン情報楽しみにしておりましたが、
最近、開けなかったので…アク禁でしたか、
so-netの方、了解です、また覗かせてもらいます。
シンセンの風
2010/04/07 07:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラマ島(南Y島)に渡る−ハイキングルートを散策 風の便りに… From China/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる