風の便りに… From China

アクセスカウンタ

zoom RSS 建物のディテールまで見える深センの街並み

<<   作成日時 : 2010/07/11 18:07   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

7月10日(星期六)、一列に並んだ雲、くっきりと見える南山、
小梧桐山からは、先週よりも更に透明感が進んだ感じがする。

画像


良い天気が続いている、この暑さでは大梧桐山はバテそうなので、小梧桐山なら登れるだろう。
‘J1’のバスに乗り、いつもの‘長嶺’から登ることにした。

只今、製作中、セメントで固めた型で作成、乾いたら色を塗って完成。
登山口に到着すると、ゴミ箱を製作中だった、なかなか見られない光景だが面白いものだ。

画像


画像


30分も登れば視界が変わってくるが、今日も一段と空気がクリアーだ。
香港側は重なるように山が見える、明らかに先週よりも透明感が増している。

画像


電波塔の上に渦巻く夏の雲。

画像


山頂間近の石段からは、素晴らしい景色が飛び込んでくる!

画像


山頂からは、南山を飛び越えて更に向こうの島まで見えている。

画像


建物のデイテールまでもくっきりと見える深センの街並み。

最近の中国情報によると、深セン市の実質管理人口は1000万人を超えて流動人口も全国最多。
最も、公になっていないが、実際には1300万とも1400万人とも言われている。
米雑誌『フォーブス』の発表でも、人口密度は、北京、上海を抜いて中国で第一位、世界で第五位の都市となった。
中国で初の経済特区と指定されて成長を続けてきた深セン、
僅か30年の年月しか経っていないのに、世界でも五指に入る大都市に成長。
深センの軌跡」、或いは「世界の都市発展史上の軌跡」とも呼ばれているが、
これほどまでにも発達するとは誰もが予想できなかっただろう。

そんな深センの街並みが今日はくっきりと見えている。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
建物のディテールまで見える深センの街並み 風の便りに… From China/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる