風の便りに… From China

アクセスカウンタ

zoom RSS 東部華僑城 大侠谷・大華興寺を訪れる

<<   作成日時 : 2010/11/23 07:12   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

11月20日(星期六)、今日は気分を変えて「東部華僑城」を訪れてみることにした。
画像は「大華興寺」の菩薩様。

画像


「深セン東部華僑城」を訪れるのは実に久しぶり。
2年ほど前に会社の旅遊で「茶溪谷」を訪れたことがあるが、それから開発が進んで随分と変わったようだ。
以前訪れた時は瀑布はあったが、「大侠谷」はまだまだ開拓中だった。

アパート近くの海岸城から“J1”のバスに乗り込んだのは、8:00時過ぎ。
バスはひたすら東に向かい、羅湖⇒塩田を通過して「東部華僑城」に到着したのは10:30分過ぎ。
九元の料金は安いが、1時間30分は長いバス旅だった。
「大侠谷」の入り口に到着すると、流石に深センでも人気のあるテーマパークとあって凄い人。

画像


時間的にも全部は回れないので、今日は「東部大侠谷」⇒「大華興寺」の150元のチケットを買うことに。
「大侠谷瀑布」…最初見たとき、ぽつんとあったので、てっきり自然にできたものだと思い込んでいたが…

画像


「海菲徳天街」…ここは初めて、とりあえず散策。

画像


う〜ん、なんとも派手な天井だ!

画像


アトラクションを楽しんだ後は、ロープウェイに乗って票高480mの「雲海高地」に到着。
それにしても空気に透明感が無い、「東部華僑城」の全景を見渡すことができるが、今日はすっきりしない。

画像


「雲中走廊」…高台なので風が強く、動いていないと寒いくらい。

画像


周辺はまだまだ開拓中、完成したら、益々広いテーマパークになるだろう。

画像


民族の踊り…?

画像


専用の火車に乗り、訪れた所は「大華興寺」

画像


寺門を潜ると視界に飛び込んでくるのは、金色に輝く菩薩様、思わず手を合わせたくなる。

画像


訪れる人も少なくひっそりとしている「大華興寺」の境内

画像


迫力のある狛犬が睨んでいる。

画像


湯気の中から“佛”の文字が浮かび出て、その後ろには…

画像


石段を登りつめる四面観音様が祭られていた。

画像


「四面観音宝像」…四面の観音様は初めてみたが、それぞれが表情豊かだ。

画像


ここからは「茶溪谷」が一望できる。

画像


再び、「雲海高地」⇒「大侠谷」に戻り周辺を散策することにした。
帰り際に撮ったのは夕暮れ時の「大侠谷瀑布」

画像


たまにはテーマパークを散策するのも面白いものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東部華僑城 大侠谷・大華興寺を訪れる 風の便りに… From China/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる